名城大学と作曲家 古関 裕而氏との繋がり

校友会トップ > 校友会からのお知らせ > 名城大学と作曲家 古関 裕而氏との繋がり

令和285

名城大学と作曲家 古関 裕而氏との繋がり

現在放映中のNHKの朝の連続テレビ小説「エール」で話題になっている作曲家 古関 裕而氏(19091989)は、実は名城大学と以前から大きな繋がりがあります。

名城大学に関わる楽曲をいくつか作曲して頂いておりますので、ご紹介させていただきます。

楽曲を聴いて楽しかった名城大学時代を想い出して下さい。

〇 第二応援歌 "真澄の空に"

〇 名城大学カレヂソング 暁の東海

〇 名城大学記念祭歌 "緑風薫る"

  

こちらから聴く事ができます

名城大学校友会ホームページ 学歌・名城節 

       http://www.meijo-ob.com/outline/kouka.html

古関裕而氏の代表的楽曲

1936年「大阪タイガースの歌(六甲颪)

1948年「栄冠は君に輝く

1949年 NHKスポーツ中継テーマ曲「スポーツショー行進曲

1949年「長崎の鐘

1953年「君の名は

1963年「巨人軍の歌(闘魂こめて)

1964年「オリンピック・マーチ


カテゴリ:校友会からのお知らせ|更新日:2020年08月05日