会長挨拶

校友会トップ > 校友会とは > 会長挨拶

名城大学校友会 第11代会長 山田 弥一

名城大学校友会 第11代会長
山田 弥一
(法Ⅰ・法・S42年度卒)

令和2年を迎えて

あけましておめでとうございます。

 新たな年が、卒業生の皆様方にとりまして素晴らしい1年となりますよう心からお祈り申し上げます。

 昨年は、名城大学の素晴らしい風が吹きました。それは、吉野彰先生が、ノーベル化学賞を受賞したことです。

12月10日、ストックホルムで授与式が行われ、吉野先生の笑顔と名城大学の名が世界各国にながれました。

名城大学はじめ、私達卒業生にとって大変嬉しいことであり、誇りでもあります。

さらに、吉野先生のノーベル賞受賞をお祝いするごとく女子駅伝部が、10月27日に杜の都、

仙台で開催された全日本大学女子駅伝大会において、3年連続、4度目の優勝を飾りました。

続いて、12月30日、開催された富士山女子駅伝において2年連続、2度目の優勝に輝きました。

仙台と富士山と2年連続の二冠を達成しました。このことは大変素晴らしく、喜ばしいことであります。

 校友会は、在学生に対して援助・支援をしています。全国大会に出場するクラブ・個人へ

の援助・支援をはじめ、給付型奨学金の交付、100円朝食の支援、無料ランチの実施、

新入生全員に交通系電子マネー「名城マナカ」の贈呈、今年3月卒業生全員に「名城ネクタイ」、

女子学生には「ハンケチセット」を卒業記念品として贈呈致します。

 2月9日、名古屋市内のホテルで卒業生なら何方でも参加できる「賀詞交歓会」を開催

致します。卒業学部の垣根を越えて、名城の卒業生として交流を深め、絆を強めたいと思います。

卒業生の皆様、ぜひ、ご参加下さい。

 卒業生の皆様方が、母校名城大学を誇りに思う各種の行事を今年も推進していきます。

名城大学、在学生、卒業生を支援・応援するため全力で取り組んでまいりますので一層のご理解

ご支援をお願い申し上げます。日本に名城大学あり。