校友会支部 07.富山

校友会トップ > 校友会支部 > 07.富山

平成29年度 富山県支部総会

地区:07.富山|更新日:2017年04月21日

日時 平成29年8月26日(土)14:00-19:00
場所 富山電気ビルディング

http://denkibuil.com/index.php

受付 13:30-14:00

総会 14:00-15:00

講演会 15:15-16:45

懇親会 17:00-19:00

平成28年度 富山県支部総会

地区:07.富山|更新日:2016年05月06日

日時 平成28年8月27日(土)14:00-19:30
場所 富山電気ビルディング

http://denkibuil.com/index.php

受付(13:30-14:00)

総会(14:00-15:00)

講演会(15:15-16:30)演題未定

懇親会(17:30-19:30)

平成27年度 富山県支部50周年記念総会

地区:07.富山|更新日:2015年11月26日

日時 平成27年8月22日(土)14:00-20:20
場所 富山電気ビルディング
詳細 講演会(15:15~16:15)
富山県支部会員 多田氏
杉野裕二氏 歌謡ショー・音楽教室(16:30~17:30)

平成27年度 富山県支部総会50周年記念総会




 平成27年度の名城大学富山県支部総会は、支部創設50周年の記念総会として822日(土)富山電気ビルディングにて開催されました。来賓には、大学から吉久光一学長、校友会から堀川浩良会長のほか、友好支部から9名、総勢48名の参加となりました。平成26年度事業報告と収支報告、監査報告の説明の後、平成27年度事業計画案、予算案とともに50周年記念事業案が提案され、承認されました。

 
講演会では、富山県支部会員の多田慎一氏より今年は北陸新幹線の開業の年ということから「北陸新幹線開業効果と課題よもやま話」をテーマに、地方経済と公共交通機関の実態とご自身が誘致に関わった中での苦労話などの貴重な体験談をお聞かせいただきました。また、特別講演として本県出身で名城大学グリークラブOBの杉野裕二氏の音楽教室にて出席者全員で発生練習を行い、楽しみながら日頃のストレス(?)を発散しました。

 
懇親会では、地元の郷土民謡と特別講演に引き続いて杉野裕二氏の歌謡ショーなどを見ながら、参加者が和やかに歓談しながら互いに親交を深めました。

 

平成26年度 富山県支部総会

地区:07.富山|更新日:2014年05月14日

日時 平成26年8月23日(土) 14:00-19:00
場所 富山市 富山電気ビルディング

平成25年度 富山県支部総会

地区:07.富山|更新日:2013年08月24日

日時 平成25年8月24日(土) 14:00-19:00
場所 富山市 ボルファートとやま

平成24年度 富山県支部総会

地区:07.富山|更新日:2013年08月24日

日時 平成24年9月8日(土)
場所 パレブラン高志会館
詳細 演 題:『国民の司法参加と裁判員制度』
講 師:法学部 伊藤亮吉 准教授

平成24年度 富山県支部総会

平成24年度名城大学支部総会は、9月8日(土)パレブラン高志会館にて開催されました。来賓には、大学から小瀬輝夫経営本部長、校友会から堀川浩良会長のほか、友好支部から8名、総勢35名の参加をなりました。今年は、やや参加人数が少なかった点が残念ですが、総会自体は滞りなく議事が進行し、平成23年度事業報告と収支報告、監査報告の説明の後、平成24年度事業計画案、予算案、役員改選が提案され、承認されました。

講演会では、伊藤亮吉法学部准教授から「国民の司法参加と裁判員制度」をテーマに、裁判員制度の基本的考え方と実態をわかりやすく解説していただきました。司法へ参加を考える貴重な時間となりました。

懇親会では、参加者が和やかに歓談しながら互いに親交を深めました。また、ご出席いただいた友好支部の皆様からも温かくユーモアに溢れるメッセージを頂き、後半では、日本海の珍味を賞品とした「じゃんけん大会」で大いに盛り上がりました。

富山県支部総会(平成23年8月27日)

地区:07.富山|更新日:2011年06月13日

日時 平成23年8月27日(土) 14:00-18:00
場所 富山市 名鉄トヤマホテル
詳細 総会終了後、「八尾おわら風の盆前夜祭」見学
[講演会]
講師:理工学部教授 村瀬勝彦
演題:「車の衝突と安全」

平成23年度富山県支部総会

 平成23年度名城大学校友会富山県支部総会が、平成23年8月27日(土)富山市 名鉄トヤマホテルにて開催されました。来賓には、名城大学から大場正春 農学部長、村瀬勝彦 理工学部教授、校友会からは、廣瀬敏郎 副会長、友好支部より9名、総勢44名の参加となりました。

【第1部】総会では、開会の辞に始まり、学歌、物故者黙祷と進み、片境支部長の挨拶、出席者の紹介兼挨拶が行われました。続いて、大場農学部長から、現在の名城大学の近況状況について、詳しい説明があり、又、校友会からは、廣瀬副会長から最近の校友会の活動状況報告へと続きました。その後、平成22年度事業報告と決算報告、監査報告の説明があり、平成23年度事業計画案、予算案が提案され、承認となりました。

【第2部】講演会では、名城大学 理工学部 村瀬勝彦 教授が「車の衝突と安全」と題して講演していただきました。グラフや写真の資料で大変解り易い講演でした。

【第3部】懇親会では、和やかな雰囲気の中で意見交換を行いました。総会終了後、「八尾おわら風の盆前夜祭」の見学に参加しました。越中おわら節の哀切感に満ちた旋律にのって、坂の多い街の道筋で無言の踊り手が洗練された踊りを披露しておりました。

村瀬勝彦 教授

八尾おわら風の盆前夜祭

富山県支部総会(平成22年9月4日)

地区:07.富山|更新日:2010年06月16日

日時 平成22年9月4日(土) 14:30-19:00
場所 富山市 名鉄トヤマホテル

H22年度 富山県支部総会報告

総踊りが終演したばかりの「おわら風の盆」(9月1日~3日開催)の雰囲気が残る富山市で富山県支部総会が開催された。
 総会は、通常通りつつがなく終了し、役員交代が行なわれた。校友会本部理事が、重松氏より岡田氏(商学部41年卒)に交代した役員総数は44名であり、富山を呉東、呉西の2地区に分け、又、地域ごとにブロック化し、それぞれブロック長等を設け、更には、青年部の責任者を置き、多くの会員に何らかの責任を与え、お互いが協力し合うことで、会の発展を進めていきたいと考えている。
 今回の出席者の出身学部も、商学部14名、法学部7名、理工学部5名、農学部3名、薬学部3名と幅広く、平成卒業生は4名と、今後に期待が持てる支部総会となった。
 富山県支部では、支部会費を独自に集めており、85名の方々が、支部総会には出席されなくても年会費だけでも払って頂けることは、喜ばしい限りである。
 特別講演では、「くすりと健康 ST地域保健活動の取り組み」と題し、山口裕幸氏(昭和46年薬学部卒業、南砺市市民病院薬剤課長)より講演があった。
 講演後の質疑応答では、皆様方の質問攻めにあい、非常に盛り上がった。「健康を保つための最終結論は、タバコは止めること」となり、喫煙者の方々には耳の痛い講演であった。
 健康に関する講演は会員の皆様方が非常に興味を持って聴かれていたので今後も検討していきたい。
 懇親会では、横笛の演奏を行い、おわら風の盆を髣髴とさせる雰囲気を出し、、厳粛な気持ちで会を進めて行く事ができた。
 その後、和気藹々と懇親を深め、気持ちの良い総会となった。
 総会資料には、会員が活躍された新聞記事を1年間分切抜きし添付した。これらの記事が会員相互の励ましになる事を期待し、今後も進めていきたいと考えている。

懇親会風景

議事進行